ヘアサイクル(毛周期)の仕組み

画像

成長期、退行期、休止期の3つのサイクル

そもそも髪の毛が生える時期(毛周期)をご存知ですか? いつ生えて抜けていくのかを知ると効果的に育毛ケアができます。
髪の毛が一定の周期で生えかわることを毛周期と呼びます。ここではそれぞれの時期ごとに紹介していきます。

<髪が成長する「成長期」>
2~6年の間に毛母細胞が盛んに分泌されます。髪の毛全体の約9割が成長期です。この期間に髪の毛1本1本が太く長く育っていきます。

<髪の成長が減速する「退行期」>
2週間程度の間、急激に毛母細胞の分裂が減少し成長のスピードが次第に遅くなっていきます。色素細胞の活動も弱まっていきます。

<髪が抜けるのを待っている「休止期」>
完全に毛母細胞の分裂が止まり髪の毛が伸びなくなります。期間は3、4ヶ月程度です。この間に新しい毛を生やすための準備段階に入り、成長期が訪れると古い毛は抜け落ちます。

ヘアサイクルの乱れが薄毛の原因!?

先ほど髪の毛には生えかわりのタイミングがあることをご説明しました。健康的な頭皮であれば、毎日抜ける髪の毛があっても次から次へと髪の毛が作られていくために毛の本数に変わりはありません。しかし毛周期のリズムが乱れると抜け落ちても新しい髪の毛が生えてこないために薄毛になってしまいます。周期が乱れる原因はストレスや女性ホルモンの乱れ・減少、加齢が大きな要因と言われています。

毛周期の乱れが薄毛を引き起こすなら、ヘアサイクルを戻してあげれば新しい髪の毛が生えてくるということです。そこで育毛剤を使うことで、自分の体が補いきれない栄養分を補給してあげることが脱薄毛の近道なのです。とりわけ女性の場合は育毛剤の効果が男性よりも出やすいため、少しでも気になりはじめたら使うようにすると早めの結果が期待できます。

乱れたヘアサイクルを戻すための育毛剤

薄毛や脱毛が気になったら、もしかすると毛周期のリズムが崩れている可能性があります。乱れた毛周期の場合、成長期が数ヶ月から3年、退行期が2ヶ月、休止期が1年、退行期・・・というリズムになりがちです。

最悪の場合、成長期がないケースも考えられ、ヘアサイクルが乱れるということは薄毛になる、ということです。成長期が短いと新しい髪の毛が生えにくくなりますが、裏を返せば、正常に戻れば再び発毛が期待できるということです。気がついたら早めの対策をすることで、進行を防ぐことができます。そのためには育毛剤を使用することが近道です。

TOPへ戻る