髪の毛と女性ホルモンの関係

画像

女性ホルモンの分泌量と髪の毛の関係

女性なら誰にでもある女性ホルモン。普段はあまり意識することは少ないですが、体のあらゆる部分で欠かせない役割を担っています。そんななかでも、意外と知られていないのが髪の毛との関係です。「髪の毛のコシがなくなってきた」「以前よりボリュームが少ない気がする」「毛が細くなったかも」・・・というように、産後や加齢によって悩まされる方が多い薄毛には、女性ホルモンが密接に関係しています。

女性ホルモンにはプロゲステロンという肌荒れなど女性を悩ますホルモンのほかに、自律神経や女性らしい体を司るエストロゲンとがあります。女性が閉経とともに更年期障害に悩まされるのも、エストロゲンの減少によるものと言われています。そして髪の毛においても、エストロゲンの影響を大きく受けています。

加齢による女性ホルモンの分泌量の変化

女性ホルモンは10代から40代にかけて最も多く分泌されますが、20代をピークに徐々に分泌量が減っていきます。40代頃からは大きく減少し、更年期に入ると男性ホルモンの量が女性ホルモンよりも多くなります。

従って髪の毛の状態も年齢ごとに異なってきます。とはいえ、女性ホルモンの分泌が多い若い世代でも出産や自律神経の乱れでホルモンバランスが崩れれば一時的に脱毛が起こることもありますので、20代、30代の女性には関係のないお話、ということでもないのです。

年代別髪の毛の特徴

それでは年代別に髪の毛の状態を具体的に挙げてみましょう。20代の髪はハリ、コシ、ツヤがありとてもよい状態。ヘアスタイルをあれこれ変えたり、パーマやカラーリングも楽しむことができます。30代に入ると頭皮の水分が減ることで、頭皮が硬くなったり乾燥してしまいます。時にはうねりが出ることもあるなど、髪の毛に変化が出てきます。

そして40代以降になると更年期とも深く関わるため、ホルモンの分泌量が大きく減っていくことで発毛の量が減り、薄毛が目立つようになります。ヘアサイクルも乱れはじめ、新しい髪の毛が育ちにくい状態になっていきます。

TOPへ戻る