女性型脱毛症の対策方法

画像

女性型脱毛症の基礎知識

「なぜ私の髪は全体的に薄くなるの?」「なぜ夫とは違う脱毛なの?」と思われたことはありませんか? それにはれっきとした理由があります。女性の薄毛は全体的に髪の毛が細くなり、地肌が見えてきてしまう「びまん性脱毛症」が最も多いとされています(中には男性のように生え際や頭頂部だけが薄くなるケースもあります)。

全体的に徐々に薄くなるため「最近髪の毛が減った気がする」「地肌が見えてきた気がする」・・・といった、“もしかして”という程度になってしまい気づくのが遅れてしまう場合が多くあります。その原因は加齢やストレス、ホルモンの減少やバランスの乱れなどが考えられます。

びまん性脱毛症に気がついたら、一刻も早く頭皮環境を整えましょう。具体的には、女性用育毛剤を使って頭皮マッサージで血行を促進しましょう。普段の生活でも、食事の献立や睡眠の見直しが大切です。前述の具体例を行うことで、薄毛が改善する可能性が高いと言われています。

早期対策で変わる女性型脱毛症

男性が薄毛になる原因は、発毛の妨げになる男性ホルモンが多いからだと言われています。先述のとおり女性の薄毛は男性のそれとは原因が異なるため、効きめも違います。

女性の場合は発毛を促す女性ホルモンの減少や、血行不良で栄養が髪の毛まで行き届かないことが大きな原因とお伝えいたしました。従って、育毛ケアをする際には育毛剤で栄養を補ってあげることと、運動や食生活、睡眠などで血のめぐりをよくしてあげれば、結果は自ずとついてくるでしょう。もちろん毛周期がありますので1ヶ月や3ヶ月程度では効果は期待できません。髪の成長期を鑑みて、最低でも1年間は続けてみることが必要です。

育毛剤を使った頭皮ケア

薄毛、脱毛を改善すためには頭皮環境を整えることが重要です。食事や運動、睡眠などで頭皮に栄養を届ける土台づくりをするとともに、女性用育毛剤を使った頭皮ケアも併せて行いましょう。

使うタイミングは入浴後がいいでしょう。育毛剤を頭皮に塗布したあと、頭皮マッサージを行います。お風呂あがりは血行がよくなっているので頭皮に成分が行き渡りやすいうえ、効果的に浸透します。選ぐりエキスなど、血行促進作用のあるものを使えば、さらに効率よく育毛ケアができます。

TOPへ戻る